『悠吾(ゆうご)』 読みやすく、親しまれる名前に

投稿者:おかんのひよこ

息子の名前は「悠吾」です。
「悠」には、広い、尽きない、気が長い、などの意味があります。
「吾」には、ワレ、ワガ、といった読みがあるように、自分という意味があります。
これを合わせて、大らかな心の持ち主になってほしい、自分の意見を持って、それをきちんと主張できる子になってほしい、という気持ちを込めて名付けました。

多くの人と同じように、私たちも名づけは妊娠中からずっと悩みました。
性別が分からないうちは両方それぞれ、あるいはどちらでも付けられるような名前の候補を夫婦で出し合いながら、ああでもない、こうでもないと話し合いました。
生まれるまで「多分男の子じゃないかな」と言った曖昧な言い方しかしてもらませんでしたが、恐らく男の子だということなので、男の子のつもりで話を詰めていきました。

まず、夫がこだわったのは、音の響きでした。
英語圏でも発音しやすいと思うから、ゆう、こう、など音を伸ばす名前が良いというのが夫の主張でした。
対する私がこだわったのは、字画の少なさでした。
特に子供のうちはテストに名前を書く時に画数が多いと時間を取られるので、そういう理由で子供が名前を嫌いになってしまわないように、と考えました。
そして夫婦で共通していたのは、何より、読み間違えられないことです。
当て字はもちろん、読みが複数あると、組み合わせ次第では複数の読み方ができる名前が多いので、そうした名前は避けました。

子供が生まれる前日まで、こうした夫婦の思いから「悠」の字までは絞り込んだのですが、その後が決めきれず、「悠希」「悠真」などいくつか候補を挙げつつも、決め手がないまま出産となりました。
そして生まれた子の顔をみて、最終的には直感と言うより他ないのですが、夫婦で一致して「悠吾」に決めました。
かなり控えめな息子の泣き声を聞いて、自分の意見をしっかり言える子になってほしい、という気持ちになったように今は思います。

名づけが決まった後、義両親・両親、友人などに名前を知らせた際の反応は良好でした。
最近、読みづらい名づけについてニュースになることもあるので、心配していた部分があったと打ち明けられましたが、実際の名前は絶対に読み間違えない名前なので良かった、と言われました。
友人からはなぜか、絶対に「ゆう」の付く名前にするに違いないと思っていた、と言われましたが、なぜかは分かりません。笑

2歳になった今は本人も周囲も名前にすっかり馴染んでいて、何より息子自身が自分のものを「悠吾の!」と言っているのを聞くと、何とも言えず嬉しくなります。
自分たちの考えた名前が多くの人に愛され、一人の人として生きているというのは、何にも代えがたく感慨深いことなのだと感じる日々です。

error: