『柚(ゆず)』 海外で育っても日本の心を忘れずに

投稿者:Muking

うちの娘はフランスで生まれました。
フランスでの出産で娘の名前を考えるにあたって、まず最初に考えたのは、フランス語での発音のしやすい名前、ということです。
フランス語では『H』は発音せず、『R』はのどに引っかかるような特別な発音をするので、名前の中にこの2文字を入れることは絶対にしない、というのが最初の条件でした。

我が家は今後も日本に帰国する予定はなく、ここで生まれた娘は、フランスという地で育つ『日本人』になるのです。
フランスではファーストネームのほかにミドルネームを付けることができるのですが、両親ともに日本人の我が家は、娘の名前は日本名1つと最初から決めていました。
多くのアジア人移民が住むフランスでは、見た目完全にアジア人なのにシルビー、ソフィー、そんな名前の子供たちがいっぱいいるのですが、個人的に私はアジア人の見た目に西洋風な名前というのがピンとこなかったのです。

発音をまず第一に考えましたが、それ以上に重きを置いたのは、やはり、名前の意味です。
この先もずっとフランスで育っていくことになる娘に、どうしても日本の心を忘れずにいて欲しかったので、名前には日本のテイストが入るような名前および、西洋風にでも日本風にでも読めるような今時の名前をいくつか候補にしていました。

フランスでは出生後24時間以内に出生届を出さないといけないのですが、最終的に候補の中のどの名前を娘に付けるかは、生まれてきた娘の顔を見てから決めようと主人と話していました。
実際に娘が生まれ、正直、まだおさるさんのようなお顔を見ていったいこの子に合う名前はどんな名前だろうと考える中、生まれた直後の娘に会いに来てくれたフランス人の友人が娘の顔を見て言いました。
「なんて重たくて美しい一重瞼なんだ!こののっぺりした顔がまるでブッダのようだ!」と。
私にしてみたら、重たい一重瞼なんてなんてひどいことを言うのだろう、としか思えなかったのですが、友人からしてみたらこれ以上にない褒め言葉だったようです。
パッチリ二重の鼻の高いお顔の彼らからしてみたら、私たちのようなのっぺりした顔は神秘的に美しく見えるそうで。

その友人の言葉を聞いて、私も主人も候補の中から迷わず『柚』という名前を娘のために選びました。
柚は日本特有の果物でとても良い香りで、ここ最近ではYUZUという名前がフランスでも浸透し、色々なフレーバーとして使われています。
フランスで生まれ育っても自分が日本人だということを忘れずに、日本人の心を持った女の子に育ってほしいという思いを込めてこの名前にしました。

発音もしやすく、お友達からもきちんと呼んでもらえています。
自分の名前の由来もきちんと説明できるようになった娘は、自分の名前を気に入ってくれていますし誇りも持ってくれているので、この名前を付けて本当に良かったと思っています。

error: