『七海(ななみ)』 海にこめられた私たちの思い

投稿者:kaochinmouse

名前の由来は二つあります。
一つは、7月生まれだということ。
7月7日の七夕生まれの予定でしたが、3日遅れの7月10日に生まれました。
今の性格のように、お腹にいる時から恥ずかしがり屋だったのかな?って、今は笑って話ししてますが、生まれるまでは正直初産だったこともあり、心配でした(汗)

もう一つは、心の広い、優しい子に育って欲しいという思いがあったので、壮大な海のように広く、穏やかに包み込む心を持って欲しいという気持ちを込めて、『海』という文字をあてました。
夏の季節にもイメージがぴったりですし!

また、『七つの海をまたぐことができるぐらい、大義をもやり遂げる芯の強い心をもつことができるように』という意味も込めました。
私自身が、何かを継続してやり遂げるほど芯の強い子どもではなかったので、娘にはそうならないでほしい、という気持ちもあります。

これだけちゃんと理由は揃ってますが、実は名前は生まれて顔を見るまでは全然決まっていませんでした。
出生前にすでに性別は聞いてましたが、エコーで確信が見えず、最後の最後までわからないという話もあって、男の子なら旦那の一文字をとった名前で私が漢字まで考えていました。
一方、女の子なら旦那が考えると約束していたんですが、生まれるその時までいくつかの候補も絞らことができずにいました。

出産予定日にも生まれず、かつ産気づいてからなお12時間の末にやっと生まれてへとへとになりながらも、初めて腕の中で抱きかかえた瞬間に、旦那と2人して自然と『なーな』って口にしていたんです。
なので、『なな』にしようか迷っている中で、漢字を当てるときに今の名前に決まったような形です。

その旦那とは、今は別れてしまいましたが、今は中学1年生にもなる娘が、たびたび生まれた時や名前の由来を聞いてきます。
当て字ながらも、名前の意味や、そこに私たちが託した思いを聞いて嬉しくなるようです。

漢字はパッとしないのが実際の印象ですが、私はすごく気に入ってます。
名は体を表す、とは言いますが、私たちの思い通りに、人に優しく、やりたいことをやり遂げる強さを持ち合わせた子になっていると思います。

error: