『夏奈(かな)』 真面目に考えたのですが、ちょっと若かったかな。

投稿者:KENKEN

妻のお腹に、初めて宿った生命。
ふたりで、早速、名前をどうしようかという話題が出始めたころは、まだ性別が判明していませんでした。
しかし、みなさんも同じでしょうが、男の子だったら、女の子だったらと幾つかの候補をあげて考えるのも楽しみでしたね。
何しろ初めてのことですので、楽しくて、命名に関する書籍を買ってきては、画数や姓名判断など、ああでもないこうでもないと語り合うのは本当に楽しいものでした。

基本的に、私たち夫婦に命名権を与えてくれていましたので、両親や祖父祖母なども静かに見守っていてくれました。
いろいろと本を読むのですが、まずはたくさんと在りすぎて、その中から選ぶのは困難でした。
運勢的な事を信じて名付けるというのも何となく誰かに決めてもらう事のような感覚がしてきましたので、それは一応、参考程度にする事として、二人で考えようという事になりました。

その方法についても考えたのですが、ありがちな、その時の活躍してるヒーローと同じ名前にあやかるというのは嫌で、やはり二人で決めたオリジナルの名前にしたいな、ということで、ただ単純にゴロの良さで考えることにしました。

お腹のなかで、まだ性別がわからない間は、男の子と仮定する際には、太郎くん、女の子と仮定する際には、花子ちゃんと呼びかけることにしました。
漫画のような話ですが、本当ですよ。
性別がわかるまで、「太郎くーん」「花子ちゃーん」と毎日呼びかけていると、不思議とこの仮の名前がしっくりきてしまうようになり、男の子、女の子、どちらが生まれても、この仮の名前をそのまま本名にしたくなってきてしまいました。
愛着がわいてきてしまっていたのですね。

ふたりで真剣にそんな風に考えるようになったのですが、さすがに太郎・花子ではどうなのかな?とも思い始め、しかし苗字と連ねて呼んでみても、ゴロがよく、しっくりとくるのです。
そこで、熟考の果てに、基本はそのままに、ちょっと真剣に考えようという事になり、結果、男の子ならやはり太郎が良いかな、女の子なら響きがほぼ同じで、「かなこ」にしようかという事としました。

しかし、そのころは、女の子の名前に「子」が付くのは激減してるという傾向にあり、ここは、生まれてくる子供の立場を考えて、「子」を抜いて、「かな」にしようと決定しました。
そして、性別が女の子と判明しました。
「かな」に決定のときです!

そこで今度悩むのが、どんな字にするかです。
ひらがなのままでも可愛いと思いましたが、「かな?」となりかねないという思いもあり、いくつか候補は出ましたが、「夏奈」としました。
一応、意味を込めたかったという事もあり、夏生まれでしたので、「夏」という文字を入れようと、今思えば、若気の至りといいますか、こんな一生ものの大事なことなのにという感じですが、後悔はありません。
真剣に二人で決めたことには違い無いのですから。

ちなみに、後日談なのですが、祖父はこっそりと祖父なりに幾つかの候補を考えていたとのこと。
案の定、その全てには「子」がついていたのです。
ありがとうという気持ちと、申し訳ないという複雑な気持ちになってしまいましたが、祖父も密かな楽しみの日々だったのでしょう。
祖父も「夏奈」を可愛がってくれます。

error: