は行(女の子)の命名エピソード

『遥香(はるか)』 女の子らしい優しい響きと、春の花の優しい香りをイメージ

漢字は違いますが、私の亡くなった祖母が「ハル」という名前です。 両親が共働きだったのもあり、私がまだ小さい頃からよく世話をして可愛がってもらい、近所でも「ハルさん」と親しみを込めて呼ばれ、皆に愛される優しい祖母でした。 私がおばあちゃん子だったのも関係あるのですが、妊娠中にまだお腹の中にいる赤ちゃんの性別がわかる前から…

『蓬麻(ほま)』 あなたが生きて行く上で必要なもの

娘を妊娠した時に、主人に命名してもらおうと思っていました。 それは、海外出張が多い主人が娘と過ごす時間はあまりにも短いと分かっていたからです。 そして娘が、主人がいないことに寂しさを感じた時に、主人がつけたその名前をたくさん呼んであげて、たくさん主人の想いを主人の代わりに伝えていきたいと思ったからです。 男の子だと思っ…

『ほのか』 ほのぼのとした雰囲気の子に育ってほしい

女性は妊娠して約10か月間、お腹の中で赤ちゃんを育て、胎動を実際に感じたり、検診の度に超音波で動いている様子を頻繁に見ることができますが、男性にとってはそれらを体感することはできません。 よって私は主人に子どもが産まれるということをもっと身近に感じてもらい、育児を手伝って欲しいと思って、一人目の時は男の子ということもあ…

『春帆(はるほ)』 出生届提出期限1日前での命名

予定日が3月の春生まれだったので、「春」という季節は入れたいという主人の希望があり、妊娠後期は「ハルちゃん」とお腹の中の赤ちゃんに二人で語りかけていました。 娘の名前に関しては主人に一任しようと考えておりましたので、「春華」という名前にほぼ決定して出産を迎えました。 ところが、里帰り出産後、問題発生。 私の両親とくに父…

『陽向(ひなた)』 最終的に娘の顔を見て命名しました

名前は親が子供に送る最初のプレゼントと言われている様に、私も娘が生まれる前から、どんな名前が良いだろうと随分悩みました。 分厚い女の子の名前の命名本を購入したり、インターネットで夜遅くまで検索したりもしましたが、数多くある名前の中から私と夫が選んだ名前は、私が夫と出会う前から子供が出来たらつけたいなと思っていた名前でし…

『華(はな)』 ピンと背筋の伸びて心根の優しい女性に育つようにと名付けました

女の子を、それも初めての子供を妊娠したという事で、どんな名前にしようか本当に悩みました。 夫、私の両親にとっての初孫でもあったので、もう誰が名づけ親になるかと少し揉めた事もあります。 夫側はお義母さんが、私側は父が初孫フィーバーしていたので、抑えるのが大変でした。 しかし双方共に出てくる名前が今流行りのキラキラネームば…

error: